発達行動小児科(DBP)は、ほとんどの先進国の小児科で認可された専門分科(専門医により細分化された分野)で、最近、香港でも認可されました。
発達行動小児科医は訓練を受けた経験豊かな医師であり、幼年期から思春期の身体、言語力、社会的感情の成長や認知発達が可能になることに専心します。DBP専門医が所見、カウンセリングや治療介入により、各個人の発達、行動、学習状況に即して生活の質を高めるよう努めます。
発達行動小児科はまた、子供の活動領域における発達成果の長短所を早期認識する役割を重要視しています。私たちは、地域関係者とのネットワーク作りはもちろん、症例に基づいた臨床診療、研究の卓越性、専門的な指導力やご両親の教育を通して、発達(発育)上のニーズがある人々や彼らのコミュニティに貢献する機会を大切にしています。

 

 

発達行動小児科とは?